ダメンズを選びがちなら、見落としていたタイプに注目!

幸せな結婚をしたいのに、惹かれる人は、いつもあまり愛してくれない男性ばかり…。もう、自分の見る目に自信がなくなってきたかも…。そんな場合は、あえて、今まで選んでこなかったようなタイプと男性と付き合ってみるのもアリです。今まで、先入観で合わないと思っていたタイプの男性に、本当に愛してくれる人が隠れているかもしれません。

もちろん、どうしても譲れない条件を妥協する必要はありません。でも、なんとなく挙げていたけど、そんなに重視していなかった条件を思い切って外してみると、視点が変わります。例えば、なんとなくお洒落な職種でセンスがいい男性がいいと思っていたけど、付き合ってみたら、なんだかナルシストな奴ばかりだった!という場合。

思いきって、ちょっと垢ぬけないけど、とても真面目で他人思いの男性を選んでみるのも発見があります。私も、自分が自然に選ぶ男性は、なぜか自己愛が強く身勝手な人ばかりでした。傷つく経験を重ねた後、今まで選ばなかった、内向的で地味なタイプの男性と付き合ってみて、彼の誠実さと思慮深さに触れ、恋愛観が変わりました。今は、彼と結婚できて心から良かったと思っています。

「自分が惹かれるタイプが、どこか自分勝手で、そもそもあまり他人を愛せないタイプだった…。」それでは、せっかく結婚しても、幸せな日々ではないかもしれません。重視すべきは、経済力や外見や学歴以上に「他人を心から愛せる人かどうか」ではないでしょうか。そういう人に出会うためには、譲れる条件は一つずつ外してみることをおすすめします。意外なところに幸せな出会いは隠れているものです。今までの恋愛は、そんな人に出会うための布石だったのかもしれませんよ。