成功者は女子からアプローチするタイプ

私は、19歳から5年間お付き合いしている彼がおりましたが、9歳年上ということもあり、価値観にすれ違いが生じ別々の道を歩むことになりました。田舎の実家に戻り、24歳になり気づけば周りの友達もちらほら結婚していく友達がでてきました。私も30歳までには、子供を産み、家庭を持ちたいと思っていたので、そろそろ婚活しなければならないと思い、母に進められた婚活パーティーにがむしゃらになり参加しましたが、なかなか年齢や気のあう方に巡り会えず、私は一生独り身で死んでいくのかな…なんて想像もしてしまいました。

なんだか疲れてしまい、一旦婚活パーティーをお休みし、友達にどのように彼と出会ったか調査を開始してみました。すると意外にもほとんどの友人が自分からグイグイとアタックをかけていました。ツンデレ美人N子ちゃんの場合バイト先のお客さんにタイプのさわやかイケメンがおり、かねてから声をこえをかけようか、かけまいか迷っていましたが、お客さんが忘れ物をした際勇気をふり絞り連絡先を渡したのでした。それがきっかけとなり、4年間の交際を経てゴールインされました。それを聞いた私はとても感動し、また勇気が出てその当時に働いていたバイト先の先輩に気になる人がいたので、

じわじわ連絡をとりデートまでこぎ着け、お付きあいすることができました。その時の彼が今の旦那様になりました。私はN子ちゃんのように大胆な行動はできませんでしたが、私の場合婚活パーティーのようなものより、職場の仲間内など相手のことを知って自分が好きになってからアタックをかける方法が向いていたようです。何より気になった人がいたら自分からアプローチする勇気が大事だということがわかりました。