投稿者「lzc4ZADw2hGPCvQ76」のアーカイブ

色彩心理学で初対面の印象アップ!

婚活はどんなファッションで挑むべきか、悩みますよね。男性受けも大事ですが、自分らしさも大事です。ファッションは好みや似合う雰囲気が人によって違うので、一概にこれがいいとは言えないのですが、簡単に印象をコントロールできるのは、色です。色彩心理学は、色から人が受ける印象を分析し、商品開発や店舗のインテリアなどに活用されています。

イメージ戦略として、企業のコーポレートカラーやブランドのマーケティングなどにも欠かせない要素です。婚活も、最初はイメージが大切です。自分を知ってもらう前に、まずは出会いの第一印象でプラスになるカラーを知っておきたいものです。

それでは、婚活に有利な色とは、どんな色なのでしょうか。
まずは、それぞれの色からイメージされる色を挙げたいと思います。

赤:情熱的、エネルギッシュ、積極的
青:知的、クール、誠実
黄:明るい、陽気、活発
オレンジ:暖かい、家庭的、にぎやか
ピンク:可愛い、女子力、幸福感
紫:優雅、高貴、芸術的
緑:穏やか、安らぎ、健康的
グレー:上品、落ち着き、控えめ
黒:威厳、ミステリアス、神秘的
白:清潔、純粋、無垢
茶・ベージュ:安心、温もり、ナチュラル

それぞれ、いろんなイメージがありますが、自分がこんな印象を持たれたいというカラーはあるでしょうか。この中で、個人的に、特に初対面でおススメのカラーは、白です。誰からも好印象を持たれる色で、トップスなら肌や表情も明るく見えますし、やはり、清潔で純粋なイメージは、プラスになります。

人によって、パキッとしたホワイトが似合うか、柔らかなアイボリーが似合うかは分かれますが、どんな世代の女性にも映えるカラーです。ちなみに、自分がどんな白が似合うか知っておけば、ウエディングドレスも選びやすいですよ。逆に、あまりおススメできないカラーは、紫と黒です。

神秘的で掴みどころのないイメージは、一筋縄ではいかない魅力がありますが、初対面ではとっつきにくいイメージを持たれやすく、もったいないカラーです。自分のキャラクターを生かしたカラーを選ぶことが一番なのですが、最初の出会いでは、白をベースに、小物でさらに個性を出せるカラーを持ってきてはどうでしょうか。初対面の印象で、良い出会いを逃さないために、ぜひ色に注目して、勝負服を選んでみてくださいね。

ダメンズを選びがちなら、見落としていたタイプに注目!

幸せな結婚をしたいのに、惹かれる人は、いつもあまり愛してくれない男性ばかり…。もう、自分の見る目に自信がなくなってきたかも…。そんな場合は、あえて、今まで選んでこなかったようなタイプと男性と付き合ってみるのもアリです。今まで、先入観で合わないと思っていたタイプの男性に、本当に愛してくれる人が隠れているかもしれません。

もちろん、どうしても譲れない条件を妥協する必要はありません。でも、なんとなく挙げていたけど、そんなに重視していなかった条件を思い切って外してみると、視点が変わります。例えば、なんとなくお洒落な職種でセンスがいい男性がいいと思っていたけど、付き合ってみたら、なんだかナルシストな奴ばかりだった!という場合。

思いきって、ちょっと垢ぬけないけど、とても真面目で他人思いの男性を選んでみるのも発見があります。私も、自分が自然に選ぶ男性は、なぜか自己愛が強く身勝手な人ばかりでした。傷つく経験を重ねた後、今まで選ばなかった、内向的で地味なタイプの男性と付き合ってみて、彼の誠実さと思慮深さに触れ、恋愛観が変わりました。今は、彼と結婚できて心から良かったと思っています。

「自分が惹かれるタイプが、どこか自分勝手で、そもそもあまり他人を愛せないタイプだった…。」それでは、せっかく結婚しても、幸せな日々ではないかもしれません。重視すべきは、経済力や外見や学歴以上に「他人を心から愛せる人かどうか」ではないでしょうか。そういう人に出会うためには、譲れる条件は一つずつ外してみることをおすすめします。意外なところに幸せな出会いは隠れているものです。今までの恋愛は、そんな人に出会うための布石だったのかもしれませんよ。

1年以内に結婚の街コンに参加する

休みの合う街コンに次々と参加していた時期があります。街コンが流行りだしたタイミングが自分にとってもよい年齢の頃だったので、同級生の友達と無料から500円の街コンに参加していました。

同時に、一人参加OKの街コンにもエントリー。条件は“1年以内に結婚”が希望なことでした。
期間は半年未満と短期間ですが、参加した回数は20回ほどです。ほとんど女性のほうが少数で行われていたので、いいなと感じた人とたいていマッチングすることができました。

マッチングするコツは優先順位を決めること、で、私が重視したのは年収で、年齢や住所、趣味や見た目にも目をつぶりました。お金さえあれば、専業主婦になれて、綺麗でいられる、そう考えていたからです。マッチングした方とは、必ず後日食事に行くようにしていました。

一番ひどかったデートの体験は、安いチェーン居酒屋店の食事での出来事でした。私がトイレに行った隙に、飲んでいた青いトロピカルなカクテルに、砕いたタブレット錠剤が入れられていたこと。もちろん溶けきっておらず、すぐに気づいたので飲むことはなかったのですが、あからさまな薬品入りのカクテルを一気飲みして、と言われたときは、本当に彼を指名した自分自身に幻滅しまいした。

また別の人とのデートで、お洒落なバーでお酒を飲み、好立地ホテルを手配してもらったこともありました。欲しいものや食べたいものを聞かれ、仕事やプライベートの話も次々としてくださりました。結果ありきで知り合っている二人なので、結婚の話や、結婚後の生活の話もしました。

とても優秀な方で、仕事や生活・金銭面で不安を感じることはないのだろうと確信しました。彼とは体の相性も必要だという話を市、性交もしました。順調に結婚にたどり着ける相手でしたが、私はどうしても彼の見た目が受け入れられなく、お付き合いをすることを断りました。

体の相性が良くなかったということも理由のうちの一つですが、何より一番は、彼と生活することを想像してしまったことです。今まで散々財力を重視した選定を繰り返してきたけれど、最終的には結婚生活を想像したとき私が笑っていられるかどうか、幸せな自分を想像できるかどうかが大事だと気付いたのです。心から『彼の使ったトイレは掃除できない』と思いました。

結局、大きな金額は使わずに、いろいろな貴重な体験を得ることができただけの婚活期間になってしまいました。しかし、いろいろな男性の結婚観を聞いて、多くの男性が女性の経済力を当てにしている、ということをと知ることができました。その後の私は男性に大きな夢を見ず、自分の足で地を踏むことを考えるようになり、無事に自然な形で旦那さんと出会うことができました。婚活は出会うための方法ではなく、現実を知り、自分の覚悟を決めるためにあったのだと、いまは感じています。

ネット婚活は結婚相談所より有利なの?

結婚したいなら結婚相談所ですが、いきなり相談所に行くというのは多少ハードルの高さも感じますし入会金が高額なのでためらってしまいます。またそこまで結婚したいのかと思われるのではないかという気持ちもありますね。ですが実際には少し早いかなと思うくらいの年齢から婚活を始めたほうが確実に有利です。特に女性は子どもを産むことも考えて、若い人のほうが結婚への距離も近くなるものです。

そこで結婚相談所よりもハードルが低めなネット婚活から始めるという人も少なくはありません。社会人になると学生の頃とは違い圧倒的に出会いの量も減ってしまいます。待っていれば素敵な人が現れると信じていればどんどん結婚も遠ざかってしまいます。ですから20代から婚活を始める人は増えてきています。

ネット婚活とはいっても、スタートがネットからというだけであって、実際の婚活はパーティやお見合いもあります。自分の希望するスタイルの婚活から始めてもいいですし、数をこなしていくのなら積極的に気になる人とのお見合いやパーティに参加していけます。ネット婚活は会員数も非常に多いですので、地域にこだわらないなら実に全国の人と出会うことができます。そういう意味では結婚相談所よりもネット婚活のほうが有利な印象もありますね。

成功者は女子からアプローチするタイプ

私は、19歳から5年間お付き合いしている彼がおりましたが、9歳年上ということもあり、価値観にすれ違いが生じ別々の道を歩むことになりました。田舎の実家に戻り、24歳になり気づけば周りの友達もちらほら結婚していく友達がでてきました。私も30歳までには、子供を産み、家庭を持ちたいと思っていたので、そろそろ婚活しなければならないと思い、母に進められた婚活パーティーにがむしゃらになり参加しましたが、なかなか年齢や気のあう方に巡り会えず、私は一生独り身で死んでいくのかな…なんて想像もしてしまいました。

なんだか疲れてしまい、一旦婚活パーティーをお休みし、友達にどのように彼と出会ったか調査を開始してみました。すると意外にもほとんどの友人が自分からグイグイとアタックをかけていました。ツンデレ美人N子ちゃんの場合バイト先のお客さんにタイプのさわやかイケメンがおり、かねてから声をこえをかけようか、かけまいか迷っていましたが、お客さんが忘れ物をした際勇気をふり絞り連絡先を渡したのでした。それがきっかけとなり、4年間の交際を経てゴールインされました。それを聞いた私はとても感動し、また勇気が出てその当時に働いていたバイト先の先輩に気になる人がいたので、

じわじわ連絡をとりデートまでこぎ着け、お付きあいすることができました。その時の彼が今の旦那様になりました。私はN子ちゃんのように大胆な行動はできませんでしたが、私の場合婚活パーティーのようなものより、職場の仲間内など相手のことを知って自分が好きになってからアタックをかける方法が向いていたようです。何より気になった人がいたら自分からアプローチする勇気が大事だということがわかりました。

母親の積極性により円滑に進む婚活のパターン

私の友人は、女子校から短大に進学して卒業後も職場は女性ばかりという環境でした。そのため同年代の男性と知り合う機会は、ほぼありませんでした。当時、彼女は32歳でした。のんびりとした娘さんよりもお母様の方が、出産という事も考え焦りを感じていました。

そんなお母様の目に飛び込んだのが雑誌の大手結婚相談所の記事だったそうです。「これだ!」と思い立ちお母様自らが、結婚相談に早速足を運び申し込みをしたです。本人への報告は、申し込みの後でした。

早速、数人の男性とお会いする機会があり都内や新幹線を利用して地方まで足を運んだそうです。
しかし、外見や職業そして年収や趣味もちろん性格が全てマッチすることは本当に難しく落胆する結果ばかり続いたそうです。契約更新をするともちろん経費もかかりますから金銭面で焦りも出て来ます。そんなある時運命の出会いがありました。都内の有名私大卒の国家公務員専門職の男性でした。ただ、外見がどうしても彼女の好みではなく迷いつつもお会いしていたそうです。

お付き合いを重ねる内に男性の家庭状況にほろっと心を打たれる部分があったそうです。実母を幼少期に亡くし義母に育てられ母親違いの兄弟という環境で育ったそうです。ただ義母がとても良い人で温かい家庭で育つ事が出来て本当に感謝しているという内容でした。彼女は、容姿や年収や職業にこだわりがありましたが、本当に大切なのは気持ちだと気付かされたそうです。きっとこの人となら暖かい家庭を築くことが出来ると結婚を決意したのです。もちろん彼女の考えを変えさせた背景には、母親の「人は外見ではないよ。中身だよ。」という強い言葉もありました。今は2人のお子さんと楽しく暮らしています。

時に本人が結婚に消極的な時は、やはり周囲の強い支えや両親が積極的に行動する事も今の時代は必要なのではないでしょうか?ひとと暮らすよりもひとりのほうが楽という若い人が増えています。時に家族の暖かさや人の支えに気付かせる事も大切です。

そして縁がない時には、積極的に結婚相談所を利用してみるのも有効だと感じています。少しでも知り合えるチャンスを増やす事が、結婚にあたってはとても大切な事だからです。そして自分の考えや視野を少し広げてみる事が非常に大切だと思います。

もう少し若いうちに婚活できたら

アラフォーと呼ばれる世代になって、自分の結婚への期限切れが近づいてるような気がします。歳を重ねると、いろんなことに臆病になります。一通り経験を重ねて、自分の中で良し悪しがあって、新しいことへの挑戦が億劫でなるべくならそういう事態にならないように避けてしまいます。恋人つくりもそのひとつです。もうこの歳になると周りには独身の方が少ないですし、そうなると独身でいることが変人扱いされてしまいます。

アラフォーなのに独身となると、この人に問題ありと見られてしまうことが多いんです。ただでさえ出会いもないのに、歳を言うとさらに嫌煙されてしまうという悪循環に陥っています。独身の友人もいないし、今さら結婚している友人に誰か紹介してほしいとお願いするわけにもいきません。歳を重ねると、それなりにプライドもあります。この歳まで結婚できなかったのは、何よりキャリアを優先してきたからだと言い訳できるように仕事に必死になっています。仕事がなかったら、人生やっていけません。

アラフォーの私が恋人を作るには、プライドを捨てて友人にお願いするか、出会いを求めて結婚相談所に申し込みをするか、なるべくさけていた新しいことに挑戦する以外に方法がないのかもしれません。

おすすめの婚活パーティー

「婚活パーティー」と一言でいっても、例えば少人数の個室形式、50対50の回転寿司形式、立食パーティ、料理や登山など趣味を通したパーティーなど様々な形式があります。このような多種多様な婚活パーティーの中でおすすめしたいのは、開催形式はどうであれ「参加費用の比較的高いパーティー」・「参加資格・条件のあるパーティー」です。

1つめの「参加費用の比較的高いパーティー」がおすすめな理由としては、参加者の真剣度が伝わるからです。誰でも参加できる「参加費無料」のパーティーですと、真剣に結婚を考えている人だけではなく、なんとなく彼女(彼氏)のほしい人や友達に誘われてとりあえず参加した人なども含まれてきます。

また、パーティー主催の結婚相談所への勧誘もあり、入会を考えていない人には痛い拘束時間となります。そして2つめの「参加資格・条件のあるパーティー」がおすすめな理由としては、パーティー開始前に身分確認がなされるということにあります。

例えば「○○相談所の会員限定」「年収○○○万円以上」「公務員限定」「40~45歳対象」など、条件にあっているかどうかの確認がされますし、すでに入会している結婚相談所の会員限定のパーティーであれば身元も確か(入会前に独身証明書の提出がありますし、登録しているプロフィールシートの交換も可能です)なので安心です。誰でも参加できるパーティーは、どのような方が参加されるか分かりません。パーティーの際に聞いた年齢や職業、年収が本当に正しいのかどうかは、交際開始後に自分で確かめていくしか術がありません。

もちろん、参加費の安い(もしくは無料の)パーティーや参加条件のないパーティーであっても、真剣に結婚相手を探して参加される方が多数おられますし、結婚につながる出会いもあると思います。ただ、上記のとおり「参加費用の比較的高いパーティー」や「参加資格・条件のあるパーティー」のほうが、安心して将来の結婚相手を見つけられることは確かです。ぜひ参考にしてみてください。